行政書士の通信講座にかかる費用を大公開!

日常生活に応用できる知識

勉学

身近な法律

仕事を円滑に進めるにあたり必要なのがマネジメント能力です。一人の人間がこなせる仕事の量には限りがあります。しかし適した人材配置を行うことで分業化させれば、プロジェクト全体が効率よく進行します。部下に指示を与える立場である管理職に昇進するにはマネジメント能力の有無が重要なポイントなのです。人事評価を上げる目的でなんらかの資格取得を検討しているのであれば、まずは現在の職務に直結した資格を選ぶことが先決です。経理の仕事をしているのであれば簿記検定、不動産業界に就職するのであれば宅建士などが一例です。それらに加えてマネジメントに応用できる資格を取得できれば大きな強みになります。マネジメントの要素を含んだ資格には社労士があります。社労士は公的年金、医療保険といった社会保障に関する専門家であるというイメージを持たれています。もちろんそのとおりですが、労使協定、労働問題に関わる法律にも精通しているのです。雇用主が最低限守らなければならないルールを理解しているので、資格取得者には安心して部下を任せられます。社労士の資格を取るにはスクールに通って学ぶ方法がおすすめです。社会保障や労働関連の法律は、しばしば改正されます。専門のスクールであれば最新の法改正に合わせた講義を受けられるのです。法令の文面を読んだだけでは分かりづらい内容も、実例とともに解説されれば記憶に残りやすくなります。試験対策も手厚いのです。