行政書士の通信講座にかかる費用を大公開!

国家試験を通過するため

教材

手頃な価格で学習できる

法的な書類の扱いに長ける行政書士は、街の法律家とも呼ばれ国民に期待されている職種です。この仕事に就くためには憲法や民法、会社法や行政法に一般知識から成る試験科目を突破して、資格を取得することが必須となります。人気資格の1つである行政書士は、難関国家資格に数えられ難しい問題をクリアする必要があるのですが、実は通信講座で学ぶことも十分に可能なのです。しかし、通信講座とはいえ、実に多くの数が揃っているので、効率良く学ぶためには自分に合った内容を見つけなくてはいけません。通信講座の教材は単にテキストを送ってくるのではなく、行政書士の難しい内容を理解できるよう様々な工夫が凝らされています。良くあるのは図表を取り入れ、視覚的にもわかりやすくしたフルカラーテキスト、さらに講師が弁を取る内容を収め、視覚と聴覚で学ぶことができる講義DVD、テキストを使わず音声だけで学べるリスニングCDあたりです。どの内容でも費用がかかりそうに見えますが、多くの人に配布するため大量生産をして単価を下げているのでそれほど高いものではありません。費用はコースによって異なりますが、安いところなら30,000〜45,000円あたりが相場でしょう。行政書士の通信講座では、費用が60,000円を超えるものもありますが、その分だけ内容が濃く反映されています。最初に費用のかからないもので学習してみて、もっと深い知識を学びたいと思ったら高額なテキストを求めてみるのも良いかもしれません。

男性と女性

2年制の学校でも良いけど

幼稚園教諭になるには大学に行くことを薦められることがあります。就職の際に有利になったり、給与が高くなるなどの違いが出てくるケースがあるためです。また、将来的に指導者の立場になりたいという場合には、大学で学んだ方が良いという意見も多く聞かれます。

女性

一生ものの資格

保育士は0歳から就学前までの乳幼児と児童の世話や指導を行う仕事で、子どもを通して自分も成長できるやり甲斐のある仕事です。大学や短大、専門学校を卒業すれば保育士免許を取得でき、一生ものの資格として役立つので予定がなくても取っておくと後々役立つはずです。

勉学

日常生活に応用できる知識

資格の勉強をマネジメントに応用するのであれば、社労士がおすすめです。社会保障や労働問題について学べます。これらの分野はたびたび法改正があるので、受験に際しては専門のスクールに通って最新情報を得るようにしましょう。